ご挨拶・沿革

 

ご挨拶

 彰栄幼稚園は2016年をもって創立120年となりました。東京都内の現存する私立幼稚園としては、最も古い幼稚園(「都市紀要14」東京都1966発行による)です。この長い歴史の中には「愛をもって幼な子に仕える」本園のキリスト教保育が、戦前の教育政策や戦争といった悲しい場面を経ても、なお連綿と継承されて、一人ひとりの個性を豊かに育む保育を大切に、今に至るまで変わらずに行っております。幼児期の子どもにとって最も必要とされる「生きる力」の育成は、自由でのびのびした環境の中において遊びの経験を深めてこそ為せるものです。またそれは「人と関わる力」の育ちを通じて培われることが必須です。自分の“思い”を相手に伝え、人のために自分から動き出すことのできる子どもを育てたいと私たち教師は願っています。
 大きな木の下で遊ぶこと、泥んこが大好きな子どもたちの幼稚園を是非ご覧いただきたく存じます。
彰栄幼稚園園長  津村利治

校 訓

愛と奉仕

「愛をもって互いに仕えなさい」ガラテヤの信徒への手紙5章13節

沿 革

本園は、1896(明治29)年に、米国婦人宣教師のタッピングによって築地明石町に創設され、その後、四谷を経て大正2年に現在地に移転、現在に至っております。
大正10年に石原キクが園長となり、昭和42年の逝去までその職にありました。
石原キクは日本の幼稚園の草創期にその生涯を幼児教育に捧げる決心をして米国に留学しました。シンシナチ大学、ウエスタン大学、コロンビア大学等に学んで幼稚園教育の深奥を究め高度な実技を身につけて帰国し日本の幼児教育に大きな貢献をしました。
石原キク没後、その教育方針を継承して歴代園長が運営に充たっています。そして、創立から現在までキリスト教を基盤とした教育精神によって幼児教育が行われてきました。
なお、構内に彰栄保育福祉専門学校が併設されていて、学生の実習の場としても活用されています。
 ページ上部へ