保育内容

 

キリスト教保育

  彰栄幼稚園では毎週金曜日を原則として、全員で礼拝に参加します。このことは、本園の子どもが「神様に守られ、愛されていることを知るとともに、神や人への感謝の気持ちをもつ」ことを身近に感じる時間として大切に守られています。自分自身が神によって生かされた存在であることをおぼえ、自他及び動植物にも尊い命があることを知り、祈ることを大切にしています。

遊びを通して行う保育

  彰栄幼稚園では一日のうち相当な時間を「遊びの時間」に費やしています。これは子ども同士の関わり合いを重視した結果で、互いに育ち合う機会を充分に確保するために、教師が一人ひとりの子どもを理解することを通じて、子ども同士が相手の心の機微に触れ、「思いやり」の気持ちを育みたい意図があるからなのです。
  遊びによってもたらされる人間関係の形成は、年少・年中・年長を区別しない格好な異年齢児交流の場にあって、さらに遊びにより得られる経験をもとに、自らの主体的な行動を実際に表したものとして自己充実と情緒の安定へ導かれるものとなります。よって、遊びに対する意欲と自発性を高め、友だちとの信頼関係を醸成する生活の中で、一人ひとりの個性が開くように教師が取り組んでいます。
  各保育室には年齢に応じた遊具や素材が用意されていますが、コーナーとして様々な活動に参加できるように工作・ままごと・パズル・線路・楽器などを分散配置しておくことで、自分の居場所と決めて活動したり、その時期に合わせた活動に連れ立って取り組む子どもの姿があります。ホールには従来より絵本の蔵書が多数あることから、興味関心に対して多岐にわたって応じることができます。

子どもの個性と自発性を大切にする保育

  さきに触れたように「思いやり」の心を育てることを見据えて、「ひとり」の子どもの個性をクラスの子どもたち全員で受けとめられることを目指しています。また全教師が園児一人ひとりを理解することを通じてクラス(年齢)を超えた人間関係を構築することにより、情緒の安定を基盤としながら他者を信頼しつつ協調する心を育てることに力を注いでいます。その保育は年齢ごとによる活動と、年齢の枠組みを外した異年齢児交流とを自在に構成しています。

みんなで一緒の保育

  年中・年長組の保育室は部屋のパーテーションを開閉できる構造としており、時期やクラスの活動・課題に応じて使い分けています。クラスでの話合いや、少数意見をクラス全体で認識するための活動など「一人ひとり」を認め合うために必要な時間を確保すること、並びにクラスでの礼拝、時には意図的に制作や表現活動を組む等その運用は担任に委ねられ、カリキュラムや行事・季節に合わせて保育形態に変化をつけています。
  このことは例えば年長組の宿泊保育実施前のコミュニティーを高めたり、不安感を「やってみよう!みんながいるからきっと大丈夫!」という気持ちに向かえるように、集団活動で生じる仲間意識を通じて、子どもの遊び・活動の取り組みに至る動機づけをもたらすことに意義を見出せるよう教師は配慮しています。また、クリスマスページェントの配役決定に際しても、同様なことがいえます。

自然にしたしむ環境づくり

  小石川植物園にほど近い本園の園庭には、プラタナス・クヌギ・コナラなど夏にはよい木陰となる高木があり、季節感が得られるサクラも専門学校校舎横に見えて近所の方々にも愛されています。アンズは4月に花咲き6月に実を結んで、子どもたち・保護者・昆虫がその恩恵に与っています。また1学期はスイカ・ミニトマト・ピーマン・ニンジンなど、宿泊保育に向けた食材として野菜を育てています。スイカやミニトマトの育ちは短期間に成長して変化が著しいことから、どの年齢の子どもたちも関心を持っており、普段買い与えられることの多い食材を自分たちで育て、水や光やよい土が必要なことを知り、またそこにはカエル・ミミズ・アリ・クモ・ダンゴムシや様々な幼虫が生きていることを実感する場となっています。冬にはチューリップなど球根を、次年度入園児のために植えて世話をすることで、自分自身の進級も楽しみにしています。
  近年学校や公園を軟質樹脂で舗装する傾向もみられますが、本園では裸足で走ることのできる環境を維持しています。穴を掘ること、泥を使うこと、水たまりを遊びの素材にすること等、土の園庭を大切にしていることは昔から変わりません。

特別な活動

  子どもの興味や関心、並びに意欲を育てることを目的として「遊び」の活動ながら専門講師を招聘して、概ね月1回「運動・リトミック」を保育時間内に実施しています。また年長組の宿泊保育の際には「運動遊び」講師にキャンプファイヤーの指導を依頼していることで、子どもたちは夜の不安を打ち消し、夜の暗さを感じつつも楽しんで過ごしている姿が見られます。

 
 

地域に根ざした幼稚園として活動しています

①未就園児遊びの会「たねさんひろば」を実施しています。詳細は「見学案内・体験入園」のページをご覧下さい。地域にお住まいの赤ちゃんから就園前のお子さんやご両親がリラックスした時間をもったり、母親どうしの子育ての情報交換をする場となるように、との願いをもって園舎の一部や園庭を開放します。教師も参加して一緒に遊んだり、みんなで歌ったりしています。

②通常の保育は月・火・木・金は9:00〜14:00、水曜日は9:00〜11:30となりますが、ご家庭のニーズに合わせて時間外保育「預かり保育」を行っています。
 また、月〜金の8:30〜9:00に時間外早朝保育を行っています。何れも詳細はお尋ねください。
 夏休み・冬休みの一部期間にも「預かり保育」を実施します。こちらも詳しくはお尋ねください。


③水曜日の保育終了後、体育講師によるスポーツクラブがあります。こちらはクラブへの加入申込制となります。(14:00〜15:00)

④教育相談、その他相談を園長ほか教師にてお受けします。また発達相談や家庭における子育ての相談を、彰栄保育福祉専門学校勤務の臨床心理士に相談することもできます。

 ページ上部へ