News

BSSP(文京版スターティング・ストロング・プロジェクト)の実施について

投稿日2023/2/24

彰栄幼稚園では、3年前より文京区教育センターと連携し、専門職の先生方と担任保育者とが話し合った上で、クラスの現状に合わせて子どもたちの育ちを応援するプログラムをご提案いただく日を年に一度設けております。今年度は、2月22日(水)に、作業療法士、心理士の先生を2名お迎えして、年少つぼみ組を対象に行いました。

身体や関節の動きに集中することや、手のひらや足の裏で身体を支持する力を促すことを目標に、サーキットを組んでいただきました。

また後半の活動では2人組になり、自分の身体をイメージしながら相手の身体もイメージし、引っ張り合いのゲームを行いました。相手の手を引っ張る→フラフープを使って引っ張る→短いロープを使って引っ張ると、段階を踏み用具を用いて行いました。

 

新鮮な環境や初めての活動に興味をもって参加していたお子さんたちでした。

四つ這いになって進む姿勢や、脚を高く上げる動作などに苦戦するお子さんの様子もみられましたが、注目するポイントを伝えるとその部分に意識が向き、最後までやってみようとする様子がみられ、諦めずに挑戦することが出来ました!

 

 

前の記事ヴァイオリンコンサート
次の記事お別れ会をしました!

Copyright(c) Shoei Kindergarten. All rights reserved.